Introduction

走れるうちに走って、飲める時に飲んで、歌えるだけ歌う。
そういう日々を送っています。
初めて人前でラップをした時、予感めいたものを感じましたが、どうやら俺は皺くちゃになってもラップをやっていそうです。
機会あればいろんな話をしたいと思っています。
またお会いした時はよろしくお願いします。

ZIGEN
1980年生まれ。兵庫県高砂市出身。ラッパー/トラックメーカー、 他と一線を隔すライヴ・パフォーマンスで知られる。それはNYの鬼才Pal Joeyも認めるものである。

2007年、兵庫県内ラップシーンの歴史上最初のフルアルバムをリリース。
同じく兵庫県内のラップシーン最初の映像作品リリース、クラブシーンでは行われていなかったワンマンLIVE、国内初の定期ラップ教室などを経て、日本語ラップの研究、新しい文化的創造を目的とする、じげんの日本語ラップSalon”よければ一緒にPart2″を設立。2018年ごろよりウクレレを弾き始める。現在はウクレラップStyle(ウクレレとラップ)でライブ活動を行う。

ZIG¥BANDの主宰。
ギターリスト・ハヤトムラカミとZIGENとハヤトムラカミを結成。
バンド・フテンシブキューフのボーカルも務める。